就職活動 求人情報効率の良い情報収集とは

就職活動をスタートするに当たって、どこから手をつけるべきか見当もつかない人は少なくありません。今まで就職活動をしたことがなければ、どんな情報が役立つかもわかりませんし、情報のありそうな場所もわかりません。

どういったところで情報を得ればよいのか、効率の良い探し方は何か、それぞれの特徴をあげながら考えていきたいと思います。

 

① ナビサイト

就活スタートの時期になると、就活のナビサイトもオープンします。

ナビサイトでは求人情報を数多く扱っており、そこからエントリーもできるため、就活中の人は利用している人が多いです。また、企業の説明会やインターンシップの情報といった本選考以外の就活情報も掲載されています。

ナビサイトは、検索機能付きのサイトが多いので、志望先の企業を探したり、絞ったりするのにも役立ちます。自分に合った条件を設定し探すことができます。

大手のナビサイトであれば、企業や会社は総合的に幅広く扱っていますが、特定の分野の情報が少ない時もあります。

その代わり、医療職、IT、エンジニア職といった特定分野別に特化したサイトもあるので分野がある程度しぼられている場合はこちらを利用するのもオススメです。

例えば薬剤師だと


あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ薬剤師】

こういった特定分野に特化したサイトがあります。

 

ナビサイトを使う良い点は

  1. 多くの求人を取り扱っている
  2. 求人の情報を見るだけでなく、エントリーもできる
  3. 検索機能で自分に合った条件の企業を探すことができる
  4. 説明会やインターンシップといった就活に役立つ情報も多く載っている
  5. 適職診断や自己分析など、就活に使えるコンテンツもある
  6. サイト主催の合同説明会も開催される
  7. 特定分野別のサイトもある

これらから、まずどんな企業があるのかなといった状況の人はナビサイトに登録して見てみることをオススメします。

また、分野やなりたい職がある程度決まっている人も登録して自分のなりたい分野の求人を見てみるとよいでしょう。



大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

 

② 就職エージェント

就職エージェントは転職系だけではなく、新卒向けのものも存在します。

新卒向けのものは無料で利用できるのも多いので一度調べてみるのも良いでしょう。

就職エージェントは、就活に詳しいだけでなく、これまで多くの案件を取り扱っていることから、就活の相談をしながら企業探しをすすめることができます。さらに、自分の特徴や能力に合った企業を紹介してもらうこともでき、より相性のよい企業に出会えるチャンスがあります。

また、通常のナビサイトや求人情報サイトでは取り扱っていない求人を取り扱っていることもあります。調べても出てこないような求人にチャレンジしたい人はエージェントに頼ることも必要になります。

しかし、エージェントごとに得意分野やサポート体制が違うため、利用する際は事前にどのエージェントに申し込むのがよいか調べておきましょう。

 

このように就職エージェントを活用する良い点は

  1. 就活の相談をしながら企業探しができる
  2. 自分の特徴、能力などに合った求人を紹介してもらえる
  3. サイトでは取り扱っていないような求人に出会える

これらから、自分に相性のよい企業を見つけたい人、相談しながら就活をすすめたい人にはピッタリな方法といえます。

さらに、就活に行き詰った人、もっと就職の可能性を広げたい人にも就職エージェントはオススメです。



無い内定を解消するには!



【キャリアチケット】

③ 就活イベント

合同説明会や企業説明会に参加するのも、情報を得ることができます。

説明会については、

「就職活動・転職活動中の方は必見 合同企業説明会とWeb説明会のメリットとは」

を見ると詳しく解説されています。

合同説明会に参加すると、多くの企業に出会え、生の声を聞くことができます。

説明は基本的なものが多いですが、志望先の選定には十分な情報を得られます。

企業説明会やOB訪問、インターンといった企業で行われるものには、ある程度志望先が決まってから参加するのが良いでしょう。

企業と就活生のつながりを作ることもできるため、選考での評価にも影響することがあります。積極的に参加するのがオススメです。

これらから、就活イベントに参加する良い点は

  1. 合同説明会であれば、多くの企業の説明を聞くことができる
  2. 企業で働く人の生の声を聞くことができる
  3. 志望先を絞り込むのに役立つ
  4. 企業とつながりをもつことができ、選考につなげることもできる

サイトや紙面からの情報だけでなく、働く人の声を直接聞きたい、話をしたい人にはオススメの方法です。

志望先がまだ漠然としているなら合同説明会、ある程度決まってきたなら企業説明会やOB訪問、インターンというように、就活の進み具合に合わせて利用していくのが良いでしょう。



 

④ 大学キャリアセンター

大学のキャリアセンターでは、卒業生の就職先や活動履歴、求人情報を見ることができます。

ナビサイトに比べると数は少ないのですが、専攻分野を活かせる求人や大学にゆかりのある企業も多く存在します。選考で有利になっていることもあります。

ローカルな求人を取り扱っていることも多いので、隠れた良い企業に出会えるチャンスがあります。

また。求人情報を得られるだけでなく、就活のサポートも行っています。

面接の指導、応募書類の添削などのサービスも受けることができます。

 

大学のキャリアセンターを活用する良い点は

  1. 専攻分野を活かせる求人大学にゆかりのある企業の求人がある
  2. ローカルな求人を取り扱っていることがある
  3. 就活のサポートを受けることができる

自分の大学での専攻や研究を活かしたい人にはオススメです。

授業の合間に情報を見てみることもできますので、まだ行ったことがない人は一度行ってみても良いでしょう。

 

さいごに たくさん情報を集めましょう

企業の情報はたくさんあります。

一つの方法で集めるだけでなく、いくつかの方法を組み合わせて多くの情報を得ることができれば、自分の条件に合わせて絞り込むことができ、企業選びの幅も広がります。

大きな企業だけに絞らず、いろいろな企業の情報を集め比べてみることで、今まで気づいていなかった優良企業に出会うこともあります。

就職活動の初期段階では、最初から絞り込まずに多くの情報を得ることが成功の秘訣です。



dodaキャンパス

コメントを残す