就活エージェントは利用すべき?メリットとデメリットを徹底解明

就職活動や転職活動をしている中で出てくるキーワードが「就活エージェント」

活動を支援してくれる企業だということはわかってもそもそもどんな仕事なのか、どう就活に役立つのか、疑問に思う人も少なくありません。

ここでは就活エージェントとはどんなことをしてくれるのか、メリット、デメリットは何か、徹底検証してみたいと思います。



就活エージェントとは

就活エージェントはあらゆる就職のサポートを行ってくれる存在ですので、就活生にとって非常に有益な存在です。

詳しく述べると、登録をすると就職の相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、履歴書添削など就職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します。

就活エージェントは転職市場においては既にメジャーな存在であり、転職希望者(求職者)と、優秀な人材を採用したい求人企業をマッチングさせ、成功(入社が成立)した際に手数料を得る事業です。

就活エージェントがしてくれることは、主に5つです。

・就活相談

面談をして業界や企業、勤務地、希望年収など、求職者の求める条件をヒアリングします。また、求職者のスキルや実績を考慮し、これからのキャリアプランについての相談にのります。

・非公開も含めた求人紹介

ヒアリングした内容を基に、就職者の希望に沿った求人を紹介します。中にはその就活エージェントしか持っていない非公開の求人もありますので、知らなかった求人に出会えるチャンスがあります。

・志望理由書や履歴書の添削や面接対策

エントリー時に提出する書類のチェックや面接に向けた対策を行います。志望する企業や会社に合わせて対策を行ってくれます。

・面接等のセッティング

エントリーや面接、説明会のセッティングをエージェントが行ってくれます。自分でやると、何度も同じことをいろいろな企業で行わなければなりません。

・入社までの手続き

内定が出たら、入社までのやり取りをサポートしてくれます。

このように、就活エージェントは就職活動のスタートからゴールまでの全てをサポートしてくれる存在です。就活・転職活動で困っている人にはうってつけの存在です。

就活エージェントを利用するメリット

では、就活エージェントを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか。

① 自分に合った求人を探してもらえる

就活エージェントでは、必ずはじめに就活生との面談や相談の場を設けています。

そこでは、自分の得手不得手や指向などを確認してくれるので、就活エージェントがあなたにあった企業を選んで紹介してくれます。

何人も就活生を見ていますので、希望や自分の能力に合わせて、どんな企業があっているのか最適なものを経験やデータをもとに選び出してくれます。

② 自分では見つけられない企業が見つかる

リクナビやマイナビなどを見たり、合同企業説明会に行って、自分に合いそうな会社を自力で探し出すことが就活では必要ですが、自力で探すには限界があります。

しかし、就活エージェントでは数多くの企業を紹介してくれる上に、非公開求人を紹介してくれる場合もあります。

就活エージェントの持つ求人数は莫大であり、中には非公開の求人もありますので、知らなかった求人に出会えるチャンスがあります。



③ 相談が何度もできる

担当者が個別で面談をしてくれるので、不安や心配を相談することが可能です。

就活を始めるにあたって、何をしていいかわからないときに効果的です。

自己分析を客観的に行う手助けや、進路が決まっていない人にはキャリア相談もしてくれます。

また、就職活動の途中でも悩みがあれば相談することも可能ですので、困ったときに非常に助けになります。

第三者の視点で客観的に相談に乗ってくれるので解決策も見つけられます。

④ 履歴書の添削をしてくれる

担当者にエントリーシートや履歴書を見てもらえます。

エントリーシートや履歴書を出す際は「これで大丈夫かな」と不安になるものです。

先にも述べましたが、就活エージェントのアドバイザーは、多くの就活生の選考書類を見ているので、その経験やデータをもとにしたアドバイスをしてくれるのでとても効果的です。

⑤ 面接対策をしてくれる

面接の対策として質問事項の確認や模擬面接を行ってもらえるので、面接に向けた対策がしっかり行えます。

面接のマナーから受け答えの基礎、話し方や緊張しない方法といった面接のノウハウを教えてもらえます。

模擬面接後はフィードバックをもらえるので、実際の面接時にどのようなところを修正すればよいかなども確認できます。

面接をする前に模擬面接を行っておけば、実際の面接時に向けて心の準備ができますし、自分のくせなどにも気づくことができるでしょう。面接はやはり緊張しますので、心強いです。

⑥ エントリーや日程調整といった手間が省ける

自分で企業にエントリーをする場合、氏名や電話番号だけでなく住所や学歴などを毎回こまごまと記入しなければなりません。

しかし、就活エージェントに応募は任せて、書類選考、面接へ進むことができます。

しかも、面接や説明会の日程調整をエージェントが全て行ってくれるのでとても楽です。

本人はエントリーシートの内容や面接などの対策に時間をかけることができます。

また、転職希望者であれば、今の仕事をしながら転職活動をすすめるのは本当に大変です。

エントリーや日程調整をエージェントにやってもらえれば、仕事をしているため時間があまりなくても転職活動をすすめることができます。



⑦ 不採用のときも次につながる

通常の選考では不採用になった場合、その理由はわからずに終わります。

しかし、就活エージェントの中には、不採用になった理由を教えてくれることもあります。直接教えてくれなくても、長年の経験やデータから分析して次への対策を立ててくれます。

そのため、不採用でもそれを活かして次につなげることができます。

就活エージェントを利用するデメリット

困ったときやわからないときにはかなり有効な就活エージェントですが、デメリットも存在します。どんなデメリットがあるか知った上で考えてみる必要があります。

① 中小企業の求人が多いことがある

大手の有名企業は、何もしなくても勝手に就活生が集まるのでわざわざ就活エージェントを雇う必要はありません。求人は求人広告のみで済んでしまうことがあります。

求人広告などでは集まらない中小企業が、就活生を集めるために就活エージェントに求人を出しているケースが多いです。

そのため、就活エージェントに紹介してもらえる企業は大手企業や有名企業より、中小企業の割合が多くなる可能性があります。

② 連絡が多くなる

通常は会社と直接やり取りしますが、就活エージェントを挟むと、アドバイザーとのやり取りが基本になります。

そのためエージェントを通して何度も折り返して連絡をするようになります。大事なことであればなおさら、お互いに確認をしながら進める必要があるため、連絡頻度が増します。

また、日程調整の連絡の電話だけでなく、会社説明会に参加を促す電話も頻繁にかけてきます。

会社と就活生、両方の得につながるためオススメしてくるのでしょうが、時には多いなと感じることもあるでしょう。

③ 断りづらくなる

相談にのってもらい、そのうえで紹介してくれた企業であれば、受けるのはちょっとどうかなと思っても断りづらいことがあります。

また、就活エージェントから紹介された会社から内定をもらっても、自分でとった内定のほうが条件がよかったという場合もあります。

そうなると、企業の紹介、日程調整、アドバイスなど一つ一つ丁寧に対応してくれた就活エージェントに対して罪悪感を抱いてしまい、断ることができない可能性があります。

そのため、「仕事は仕事」などと割り切れる人はよいですが、このような状況で悪いなと思ったり断るのが苦手な人は、ストレスを感じてしまうかもしれません。

④ 希望に合わないときがある

相談した際にうまく意思疎通できなかった際などには、希望しない業界や会社の採用試験を進められるケースもあります。

時間の余裕があれば、受けてみてもいいかもしれません。中には、そこで自分では気づかなかった最適な企業に巡り合えることもあります。しかし、乗り気でないのに断れなければ時間の無駄となる可能性が高いです。

また、そのような希望しない業界などで就職してしまい不本意な結果となる可能性も考えられます。

効果を考えて選びましょう

就活エージェントを利用するメリットは

  1. 自分に合った求人を探してもらえる
  2. 自分では見つけられない企業が見つかる
  3. 相談が何度もできる
  4. 履歴書の添削をしてくれる
  5. 面接対策をしてくれる
  6. エントリーや日程調整といった手間が省ける
  7. 不採用のときも次につながる

 

デメリットは

  1. 中小企業の求人が多いことがある
  2. 連絡が多くなる
  3. 断りづらくなる
  4. 希望に合わないときがある

 

と、それぞれあります。

そのため、就活エージェントの活用は、相手を気にする人や割り切りにくい人にはやり取りはちょっと大変かもしれませんが、就活に悩んでいる人や、困っている人、相談・対策をしながらすすめたい人、時間があまりない人には有効な手段であると考えられます。



就職セミナーと説明会の違いって何?就職セミナーの内容、メリットを解説

就活準備で、「就職セミナーに参加するといいよ」と人から勧められたけれどそもそも就職セミナーって何?という人も中にはいるはずです。

就職セミナーとは何か?

就職セミナーと説明会の違いは?

どんなメリットがあるの?

といった疑問も含めて、就職セミナーの内容と参加するメリットについて解明していきたいと思います。

 

就職セミナーとは?

就職セミナーとは、就活に役立つノウハウを学べるイベントのことです。

合同企業説明会、大学内の他、各企業で開催されています。

就職セミナーでは、次のようなノウハウが学べます。

  • 自己分析のやり方
  • 企業研究、業界研究のやり方
  • エントリーシートの書き方
  • グループワーク、グループディスカッションのやり方
  • 筆記試験対策
  • 個別面接、集団面接といった面接対策

前半のような自分が応募したい企業を絞り込むためのノウハウ、後半のような実際のエントリーや選考で役立つノウハウが取り上げられており、就活に役立つこと間違いなしです。

応募したい企業を絞り込むためには、自分がどんな分野・企業で働きたいのかを知る「自己分析」とどんな企業があるのか知っていく「企業研究」の両方が大切です。またこれらは、エントリーシートや面接で志望動機を聞かれた際の返答材料になるので重要です。

さらに実際に選考に参加するためには、エントリーシートを書かなくてはいけませんし、筆記試験や面接といった試験内容も押さえておきたいものです。

こういった就活準備が就職セミナーでは学べるのです。

 

会社説明会との違いは?

就職セミナーが就活に役立つノウハウを学べるものだと先に述べましたが、同じように企業が開催するものに会社説明会があります。

就職セミナーでは、自己分析の方法や企業研究の方法、エントリーシートの書き方や面接の仕方といった内容を学べますが、会社説明会は「企業について知るため」に開催されます。

企業の人事担当者が事業内容や業務内容などについて紹介することが多いです。最近ではWeb説明会といった形で開催されるものもあります。

企業独自に行うものもあれば、多くの企業が集まった「合同企業説明会」といったものもあります。

 

各企業が開催する企業説明会やOB訪問、インターンといったものに参加する利点については、

就職活動 まず何から手をつける?効率の良い情報収集とは

で詳しく説明しています。

また、合同企業説明会とWeb説明会については、

就職活動・転職活動中の方は必見 合同企業説明会とWeb説明会のメリットとは

で詳しく説明しています。

説明会は、その企業について詳しく説明がありますので、「どんな分野・企業で働きたいか」が絞られてきたら積極的に参加して各企業の情報を集めるのに適しています。

就職セミナーは「セミナー」ですのでグループディスカッションがあったり、座談会があったり、感想文の提出が求められたりする参加型であるのが基本ですが、説明会はセミナーに比べて「聞く」ことが多い説明型のイベントになります。

これまでに述べた両者の違いを表にまとめました。どちらも就活において重要なイベントですので、自分が今どの段階にあるのか考え、積極的に参加するのが良いでしょう。

就職セミナー会社説明会
目的就活に役立つノウハウを学ぶため。開催する企業について知るため。
内容・自己分析の方法
・企業研究の方法
・エントリーシートの書き方
・グループワーク、ディスカッションの方法
・筆記試験対策
・面接対策
・事業内容の説明
・企業理念、沿革の説明
・業務内容の紹介
・先輩の体験談の報告
形式主体性が求められる参加型説明型
参加
時期
就活開始前から就活スタート直後就活開始後



 

就職セミナーに参加するメリットは?

就職セミナーに参加するメリットは大きく分けて4つあります。

① 就活のやり方を知ることができる

就職セミナーは、就活に役立つノウハウを学ぶことができる場であるため、より具体的にどのように就活をすすめたらよいかわかります。

どう書いたらよいかわからないエントリーシートも、どんなふうに行われるか漠然としている面接も、就職セミナーに参加することでイメージが持てます。

雲を掴むような状態だった就活がよりはっきりイメージできるようになり、自分に必要な情報が見えてきたり、計画が立てられるようになったりします。

 

② 志望先が絞られてくる

就職セミナーで学んでいくと、自己分析が進み、企業研究、業界研究が進みます。

すると、自分がどんな分野・企業で働きたいかおのずと絞られてきます。

また、実際にやり取りする多くの意見から研究ができるので、自分一人で研究するよりもより深く研究することができ、志望先を選ぶ際に役立ちます。

 

③ 貴重な情報を得ることができる

就職セミナーは、企業の人事経験者など、就活を熟知した講師の方が行うケースが多くあります。

そのため、就職活動を突破するためにはどんなことをすればいいかを企業の採用担当者に近い視点から助言をもらうことができます。

何より生の声の形で情報を得ることができます。しかも、自分とのやり取りの中で得ることができるので、大変貴重な情報になります。

インターネットや雑誌などには載っていない、セミナーに参加した人しか聞くことができない助言や情報があるということは大きなメリットです。

 

④ 同じような就活生と出会える

就職セミナーには、自分と同じような状況の就活生も多く参加しています。

セミナーでディスカッションをしたり、途中で会話したりする中で情報交換・共有ができます。

また、話していると、自分も頑張ろうという気持ちになり、就活への意識が高まります。

一緒に頑張る仲間を見つけることができればモチベーションアップにもつながります。

 

さいごに

就活に役立つノウハウを学べる就職セミナーでは、

① 就活のやり方を知ることができ、

② 自分の志望先が絞られたり、就活の見通しを持つことが出来たり、

③ 貴重な生の情報を得ることができ、

④ さらに情報共有やモチベーションアップも期待できる

というメリットがあります。

これからの就職活動ですべきことは何かをはっきりさせたい人には重要なイベントです。

就職セミナーは就職活動を円滑に進めるために、そして、納得のいく就職ができるように就職セミナーに参加してみるのはいかがでしょうか。



大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

就職活動 求人情報効率の良い情報収集とは

就職活動をスタートするに当たって、どこから手をつけるべきか見当もつかない人は少なくありません。今まで就職活動をしたことがなければ、どんな情報が役立つかもわかりませんし、情報のありそうな場所もわかりません。

どういったところで情報を得ればよいのか、効率の良い探し方は何か、それぞれの特徴をあげながら考えていきたいと思います。

 

① ナビサイト

就活スタートの時期になると、就活のナビサイトもオープンします。

ナビサイトでは求人情報を数多く扱っており、そこからエントリーもできるため、就活中の人は利用している人が多いです。また、企業の説明会やインターンシップの情報といった本選考以外の就活情報も掲載されています。

ナビサイトは、検索機能付きのサイトが多いので、志望先の企業を探したり、絞ったりするのにも役立ちます。自分に合った条件を設定し探すことができます。

大手のナビサイトであれば、企業や会社は総合的に幅広く扱っていますが、特定の分野の情報が少ない時もあります。

その代わり、医療職、IT、エンジニア職といった特定分野別に特化したサイトもあるので分野がある程度しぼられている場合はこちらを利用するのもオススメです。

例えば薬剤師だと


あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ薬剤師】

こういった特定分野に特化したサイトがあります。

 

ナビサイトを使う良い点は

  1. 多くの求人を取り扱っている
  2. 求人の情報を見るだけでなく、エントリーもできる
  3. 検索機能で自分に合った条件の企業を探すことができる
  4. 説明会やインターンシップといった就活に役立つ情報も多く載っている
  5. 適職診断や自己分析など、就活に使えるコンテンツもある
  6. サイト主催の合同説明会も開催される
  7. 特定分野別のサイトもある

これらから、まずどんな企業があるのかなといった状況の人はナビサイトに登録して見てみることをオススメします。

また、分野やなりたい職がある程度決まっている人も登録して自分のなりたい分野の求人を見てみるとよいでしょう。



大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

 

② 就職エージェント

就職エージェントは転職系だけではなく、新卒向けのものも存在します。

新卒向けのものは無料で利用できるのも多いので一度調べてみるのも良いでしょう。

就職エージェントは、就活に詳しいだけでなく、これまで多くの案件を取り扱っていることから、就活の相談をしながら企業探しをすすめることができます。さらに、自分の特徴や能力に合った企業を紹介してもらうこともでき、より相性のよい企業に出会えるチャンスがあります。

また、通常のナビサイトや求人情報サイトでは取り扱っていない求人を取り扱っていることもあります。調べても出てこないような求人にチャレンジしたい人はエージェントに頼ることも必要になります。

しかし、エージェントごとに得意分野やサポート体制が違うため、利用する際は事前にどのエージェントに申し込むのがよいか調べておきましょう。

 

このように就職エージェントを活用する良い点は

  1. 就活の相談をしながら企業探しができる
  2. 自分の特徴、能力などに合った求人を紹介してもらえる
  3. サイトでは取り扱っていないような求人に出会える

これらから、自分に相性のよい企業を見つけたい人、相談しながら就活をすすめたい人にはピッタリな方法といえます。

さらに、就活に行き詰った人、もっと就職の可能性を広げたい人にも就職エージェントはオススメです。



無い内定を解消するには!



【キャリアチケット】

③ 就活イベント

合同説明会や企業説明会に参加するのも、情報を得ることができます。

説明会については、

「就職活動・転職活動中の方は必見 合同企業説明会とWeb説明会のメリットとは」

を見ると詳しく解説されています。

合同説明会に参加すると、多くの企業に出会え、生の声を聞くことができます。

説明は基本的なものが多いですが、志望先の選定には十分な情報を得られます。

企業説明会やOB訪問、インターンといった企業で行われるものには、ある程度志望先が決まってから参加するのが良いでしょう。

企業と就活生のつながりを作ることもできるため、選考での評価にも影響することがあります。積極的に参加するのがオススメです。

これらから、就活イベントに参加する良い点は

  1. 合同説明会であれば、多くの企業の説明を聞くことができる
  2. 企業で働く人の生の声を聞くことができる
  3. 志望先を絞り込むのに役立つ
  4. 企業とつながりをもつことができ、選考につなげることもできる

サイトや紙面からの情報だけでなく、働く人の声を直接聞きたい、話をしたい人にはオススメの方法です。

志望先がまだ漠然としているなら合同説明会、ある程度決まってきたなら企業説明会やOB訪問、インターンというように、就活の進み具合に合わせて利用していくのが良いでしょう。



 

④ 大学キャリアセンター

大学のキャリアセンターでは、卒業生の就職先や活動履歴、求人情報を見ることができます。

ナビサイトに比べると数は少ないのですが、専攻分野を活かせる求人や大学にゆかりのある企業も多く存在します。選考で有利になっていることもあります。

ローカルな求人を取り扱っていることも多いので、隠れた良い企業に出会えるチャンスがあります。

また。求人情報を得られるだけでなく、就活のサポートも行っています。

面接の指導、応募書類の添削などのサービスも受けることができます。

 

大学のキャリアセンターを活用する良い点は

  1. 専攻分野を活かせる求人大学にゆかりのある企業の求人がある
  2. ローカルな求人を取り扱っていることがある
  3. 就活のサポートを受けることができる

自分の大学での専攻や研究を活かしたい人にはオススメです。

授業の合間に情報を見てみることもできますので、まだ行ったことがない人は一度行ってみても良いでしょう。

 

さいごに たくさん情報を集めましょう

企業の情報はたくさんあります。

一つの方法で集めるだけでなく、いくつかの方法を組み合わせて多くの情報を得ることができれば、自分の条件に合わせて絞り込むことができ、企業選びの幅も広がります。

大きな企業だけに絞らず、いろいろな企業の情報を集め比べてみることで、今まで気づいていなかった優良企業に出会うこともあります。

就職活動の初期段階では、最初から絞り込まずに多くの情報を得ることが成功の秘訣です。



dodaキャンパス

就職活動・転職活動中の方は必見 合同企業説明会とWeb説明会のメリットとは

就職活動や次の仕事先を見つける手段として、いろいろな説明会を活用する方法が考えられます。

主な説明会として、各会社が行う説明会の他に、合同企業説明会や最近注目されているWeb説明会があります。

今回はこの二つの説明会についてその特徴やメリットを分析していきたいと思います。

 

1.合同企業説明会とは

 

合同企業説明会では、求人中の企業が多く集まって説明会を開催します。

参加した企業や会社は、会場に設置されたブースで、集まった人に向けて会社概要や事業内容、先輩社員の話などを紹介しています。

求人中の企業や会社が多く集まるだけでなく、多くの就職活動中の人たちも集まります。

くわしく話を聞きたい企業のブースに行き、会社の人と会話ができることが就職フェアの魅力といえます。

   

 

2.合同企業説明会を利用するメリット

 

就職活動、転職活動を行うにあたって、合同会社説明会に参加するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

① 多くの会社・企業に出会える

合同会社説明会は文字通り、いろいろな会社・企業が一度に集まって行う説明会です。

よって一日にいくつもの会社や企業の説明を聞くことができます。

何社もの情報を集めることで比較検討することができ、自分に最適な会社・企業を選ぶことができます。

また、今まで知らなかった会社や企業に出会い、それが自分の興味と一致するなんてこともあります。

近年は就職が難しい状況が続いており、新卒者でも就職先を見つけることが困難になってきています。

転職を希望していても、次の仕事先を見つけることは至難の業です。

より多くの会社や企業を知り、就職につなげることは重要です。

 

 

② 生きた情報を得ることができる

合同説明会では、先輩社員の話を聞くこともできます。

めあての会社での働く様子や社風など、気になることを直接聞くチャンスでもあります。

その会社で働いている人と言葉を交わす機会を持つことで、就職先にどんなことを自分は望んでいるか、仕事をしたい環境とは何かなどをじっくり考えることができます。

ホームページや会社概要のパンフレットではつかめない生の声を聞き、就職先選びに活かしたり、自分の就活のエネルギーにしたりすることができるでしょう。

 

③ 一緒に開催されるセミナーを利用することができる

合同説明会の会場では、セミナーが開催されることもあります。

エントリーシートの書き方や筆記試験対策、面接で成功するコツなど、就活のためのセミナーです。

キャリアカウンセラーや就活に詳しい専門家の話を聞くことができるので、就職活動や転職活動におおいに参考になるでしょう。

 

④ 同じように就職活動をしている人と出会える

合同企業説明会には、参加する会社・企業だけでなく、就職活動や転職活動をしている人たちも多く集まります。

たまたま同じ会社のブースで隣同士になった人と友達になり、一緒に励まし合いながら就活を乗り切ったという話も聞きます。

同じように就職活動をしている人と出会い、話をすることで、お互いの持つ情報を共有し合うことができます。

また、同じ境遇どうし、悩みを打ち明けたり、励まし合ったりもできます。

同じように就職活動をしている人を見るだけでも、「自分も頑張らなくちゃ」とモチベーションアップにつながることもあります。

 

 

このように合同企業説明会に参加すると多くのメリットがあります。

就職活動を効果的にすすめるにあたって、利用しない手はありません。 

 



まずは無料で相談!【キャリチャン】

3.Web説明会とは

 

Web説明会とは、オンラインで行われる企業説明会です。

スマホやPCを使ってどこでも見ることができます。

就職活動のオンライン化が進み、多くの企業がこのWeb説明会を開くようになり、さらに新型コロナの拡大に伴ってますます増えることが考えられます。

Web説明会には主に二つのものがあります。

一つはオンライン上でリアルタイムに実施されるライブ型の説明会です。

生配信なのでその場で質問などをやりとりすることもできます。

もう一つはあらかじめ録画した説明会をいつでも見ることができる動画配信型の説明会です。

 

 

 

4.Web説明会を利用するメリット

 

① コストがかからない

たいていの説明会は企業が準備した会場に就職活動をしている人が赴くことで成立します。

多くの説明会に参加すれば、それだけ交通費がかかり、コストがかさみます。

しかし、Web説明会はどこでも見ることができます。

自宅にいながらでも説明会に参加することができるのです。

 

② 時間がかからない

①で述べたように会場に赴く必要がないので時間が有効に使えます。

ライブ型の説明会では、配信時間に合わせなくてはいけませんが、動画配信型については、いつでも好きな時間に見ることができます。

どちらも、企業の説明会に赴くときに比べたら、かかる時間は少なくてすみます。

これまでは一つの企業の説明会に参加するのに時間がかかっていましたが、Web説明会が導入されたことで、就職活動中の人が一つの企業に費やす時間が短くなり、その分多くの会社に挑戦できるようになりました。

 

③ 人と接触しなくてもよい

Web説明会の場合、説明会にエントリーすれば、あとはインターネット環境が整っていれば動画を見ることができます。

よって人と接触せずに参加することができるのです。

そのため、気軽な気持ちで参加することができますし、感染症のリスクから考えても、移動・会場で感染するというリスクは負わなくてすみます。

しかし、人と接触できない分、通常の説明会のように質問することは難しいです。

たいていの説明会では最後に質問ができますが、動画配信型は質問ができませんし、ライブ型もコメントで質問はできますが、多くの質問に返答することは難しいでしょう。

 

 

5.さいごに

 

このようにそれぞれの説明会に参加することで得られるメリットについて説明しました。

どちらの説明会も、自分の就職したい会社を探したり、情報を得たりするのに大変重要な手段です。

就職活動・転職活動のスタートとして、説明会に参加することで、自分にあった会社や企業を見つけ、就職に成功することにつながります。

興味のある会社や企業の説明会について調べ、どちらのタイプの説明会でもエントリーや準備をして積極的に参加することが就活を成功させるカギです。 

就職活動 求人情報効率の良い情報収集とは



就活生向けキャリアイベント実施中【dodaキャンパス】

公務員の中途採用の方法について

 

公務員の採用枠は毎年ごくわずかですから、公務員になりたくてもなれずに諦めたという人は、かなり大勢いるようです。 

 

たくさんの人が公務員になる夢を諦めて、別な会社で働いているのではないでしょうか。 

 

しかし、どうしても公務員になりたいという思いのある人は、もう一度試験に挑戦することができます。 

 

新卒者だけに限った話ではなく、公務員に転職したいと思っている人でも、公務員試験は受けられます。 

 

しかも、一般の試験も受けることができますが、職種によっては中途採用として、経験者採用枠や社会人採用枠がある場合もあります。

 

一度諦めて他の会社で働いていても、その経験をいかすことができる中途採用試験があるので、その試験を突破すれば、公務員になることができるというわけです。 

 

最近は、新卒者を採用するだけでなく、中途採用として民間企業で働いていた人を採用している地方自治体もふえています。 

 

即戦力となり、公務員では習得しづらい技術や知識を持っている人を採用し、業務に活かしたいと考えているのです。

 

また、中途採用にあたる経験者枠や社会人採用枠の試験内容は、一般の試験内容といくつか内容が違っている場合が多くあります。

 

筆記試験がなかったり、面接やプレゼンテーションが加えられていたりし、これまでの企業での経験を活かすことができる試験内容であることが珍しくありません。

 

もう一度、どうしても公務員になりたいと思うならば、これまでの経験を活かさない手はありません。

 

団体職員は准公務員扱いですが、そういった国公立大学の職員や公共団体の職員の中途採用も盛んに行われています。 

 

公務員になりたい場合は、中途採用枠ででも、もう一度トライしてはどうでしょう。 

 

多くの自治体や公共団体が、業務の効率化や財源の軽減を受け、社会人として経験があり、新卒よりも即戦力や柔軟性を有する人材を求められています。 

 

福利厚生がきちんとしていることや女性でも可能性が広がっていることは、公務員のメリットの一つといえます。 

 

結婚するために仕事をやめざるをえなかった女性でも、公務員に再就職ができるという選択肢は嬉しいものです。 

 

大抵の自治体では、年齢制限を設けた上で中途採用を行っていますので、公務員の中途採用を目指すにはその辺りの確認も大事になります。 

 

公務員試験に挑戦したいと思う人は、まず、受けたいと思う自治体・職種の採用試験情報を調べ、一般の試験だけでなく中途採用の情報も確認してみてください。

 

そして、受験条件や試験内容をよく確認し、自分のこれまでの経験を活かして挑戦してみるとよいでしょう。

『公務員試験』対策なら法律資格・公務員試験専門の受験指導校・伊藤塾!

 

転職コンサルタントを利用するメリット 

 

コンサルタント会社を使って転職活動をすることの利点はどんなことでしょう。 

 

転職先を探している人に情報を提供することだけが、コンサルタントのすることではありません。  

 

転職のカウンセリングや求人市場や企業の情報提供など、様々な所で相談やアドバイスをしてくれるというものです。 

 

コンサルタントの情報網があれば、自力では探せないような求人情報も探し出すことができます。 

 

コンサルタント会社は、転職の関係することを広く支援してくれるところといってもいいでしょう。 

 

コンサルタント会社を利用することにより、一般には公開されていない求人情報があったりと思いもしない求人にめぐり合える場合もあるようです。 

 

転職によってキャリアアップをしたいという人であれば一層、コンサルタント会社のサポートは重要な意味を持ちます。  

 

今までの仕事内容やキャリアから、どんな仕事が合っているかについてもコンサルタント会社で助言をもらうことができます。 

 

自分では分からなかった適性があったり、発見できていなかったことを引き出したりできます。 

 

転職を希望する職業についても、コンサルタントに相談をすることで新しいものが見えてくることがあります。 

 

一番のメリットは、コンサルタントを利用すれば、仕事を続けながらでもゆっくりと転職活動ができるということです。 

 

転職したいと思いつつ、毎日の業務を優先しているうちに時間ばかりが過ぎていくという人もいますが、そういう人でもコンサルタントを活用すれば転職の新たな方向性を見いだすことが可能です。 



スタートアップ転職の無料相談は【UNIAS】

  

転職と志望動機 

 

もし転職しようとするならば、必ず聞かれるのが志望動機です。 

 

新卒者も志望動機を聞かれることがありますが、転職者と明らかに違うのは重要性です。 

 

転職者というのは、少なくとも仕事の経験があります。 

 

今まで仕事の経験がある人を採用するわけですから、企業側にとっても志望動機というのはポイントになる判断基準だといえるでしょう。

 

 どんなことに最も興味があるのが、その会社で働きたい具体的な理由は何なのかというのが志望動機の内容です。 

 

案外多くの人が、転職の志望動機を質問されているにもかかわらず、的確とはいえない志望動機について返答をすると面接担当者から聞くことがあります。 

 

現在の仕事をやめてまで新しいその会社で何を求めて働きたいのかということが、きちんとした転職の志望動機となるものです。 

 

どのくらい真剣に会社のことを思って働いてくれるのか、なぜこの会社を選択したのかということが、採用をする側にとっては大事なことになってくるのです。 

 

転職の志望動機というのは、自分のしたい仕事と応募している会社がどれだけ合っているのかということです。 

 

今後働くことができるならば、会社のためにそれだけ仕事をし、どんな利益を会社にもたらすことができるとかということを志望動機を通して相手に伝えるのです。 

 

良くないのは、会社側が求めている人材像と転職の志望動機の内容がだいぶ違っているというときです。 

 

入社した後で、自分の本当にやりたい仕事ではなかったと気づいて、モチベーションが低下したりやめてしまったりするような場合もあるといいます。 

 

企業が自分に求めているものと転職するときの志望動機が合っているかどうかきちんと確認しておくことが大事です。 

 

あなたの就職活動・転職活動に専属トレーナーを【パーソナル・クライム】