就活エージェントは利用すべき?メリットとデメリットを徹底解明

就職活動や転職活動をしている中で出てくるキーワードが「就活エージェント」

活動を支援してくれる企業だということはわかってもそもそもどんな仕事なのか、どう就活に役立つのか、疑問に思う人も少なくありません。

ここでは就活エージェントとはどんなことをしてくれるのか、メリット、デメリットは何か、徹底検証してみたいと思います。



就活エージェントとは

就活エージェントはあらゆる就職のサポートを行ってくれる存在ですので、就活生にとって非常に有益な存在です。

詳しく述べると、登録をすると就職の相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、履歴書添削など就職に必要なサポートをしてくれるサービスのことを指します。

就活エージェントは転職市場においては既にメジャーな存在であり、転職希望者(求職者)と、優秀な人材を採用したい求人企業をマッチングさせ、成功(入社が成立)した際に手数料を得る事業です。

就活エージェントがしてくれることは、主に5つです。

・就活相談

面談をして業界や企業、勤務地、希望年収など、求職者の求める条件をヒアリングします。また、求職者のスキルや実績を考慮し、これからのキャリアプランについての相談にのります。

・非公開も含めた求人紹介

ヒアリングした内容を基に、就職者の希望に沿った求人を紹介します。中にはその就活エージェントしか持っていない非公開の求人もありますので、知らなかった求人に出会えるチャンスがあります。

・志望理由書や履歴書の添削や面接対策

エントリー時に提出する書類のチェックや面接に向けた対策を行います。志望する企業や会社に合わせて対策を行ってくれます。

・面接等のセッティング

エントリーや面接、説明会のセッティングをエージェントが行ってくれます。自分でやると、何度も同じことをいろいろな企業で行わなければなりません。

・入社までの手続き

内定が出たら、入社までのやり取りをサポートしてくれます。

このように、就活エージェントは就職活動のスタートからゴールまでの全てをサポートしてくれる存在です。就活・転職活動で困っている人にはうってつけの存在です。

就活エージェントを利用するメリット

では、就活エージェントを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか。

① 自分に合った求人を探してもらえる

就活エージェントでは、必ずはじめに就活生との面談や相談の場を設けています。

そこでは、自分の得手不得手や指向などを確認してくれるので、就活エージェントがあなたにあった企業を選んで紹介してくれます。

何人も就活生を見ていますので、希望や自分の能力に合わせて、どんな企業があっているのか最適なものを経験やデータをもとに選び出してくれます。

② 自分では見つけられない企業が見つかる

リクナビやマイナビなどを見たり、合同企業説明会に行って、自分に合いそうな会社を自力で探し出すことが就活では必要ですが、自力で探すには限界があります。

しかし、就活エージェントでは数多くの企業を紹介してくれる上に、非公開求人を紹介してくれる場合もあります。

就活エージェントの持つ求人数は莫大であり、中には非公開の求人もありますので、知らなかった求人に出会えるチャンスがあります。



③ 相談が何度もできる

担当者が個別で面談をしてくれるので、不安や心配を相談することが可能です。

就活を始めるにあたって、何をしていいかわからないときに効果的です。

自己分析を客観的に行う手助けや、進路が決まっていない人にはキャリア相談もしてくれます。

また、就職活動の途中でも悩みがあれば相談することも可能ですので、困ったときに非常に助けになります。

第三者の視点で客観的に相談に乗ってくれるので解決策も見つけられます。

④ 履歴書の添削をしてくれる

担当者にエントリーシートや履歴書を見てもらえます。

エントリーシートや履歴書を出す際は「これで大丈夫かな」と不安になるものです。

先にも述べましたが、就活エージェントのアドバイザーは、多くの就活生の選考書類を見ているので、その経験やデータをもとにしたアドバイスをしてくれるのでとても効果的です。

⑤ 面接対策をしてくれる

面接の対策として質問事項の確認や模擬面接を行ってもらえるので、面接に向けた対策がしっかり行えます。

面接のマナーから受け答えの基礎、話し方や緊張しない方法といった面接のノウハウを教えてもらえます。

模擬面接後はフィードバックをもらえるので、実際の面接時にどのようなところを修正すればよいかなども確認できます。

面接をする前に模擬面接を行っておけば、実際の面接時に向けて心の準備ができますし、自分のくせなどにも気づくことができるでしょう。面接はやはり緊張しますので、心強いです。

⑥ エントリーや日程調整といった手間が省ける

自分で企業にエントリーをする場合、氏名や電話番号だけでなく住所や学歴などを毎回こまごまと記入しなければなりません。

しかし、就活エージェントに応募は任せて、書類選考、面接へ進むことができます。

しかも、面接や説明会の日程調整をエージェントが全て行ってくれるのでとても楽です。

本人はエントリーシートの内容や面接などの対策に時間をかけることができます。

また、転職希望者であれば、今の仕事をしながら転職活動をすすめるのは本当に大変です。

エントリーや日程調整をエージェントにやってもらえれば、仕事をしているため時間があまりなくても転職活動をすすめることができます。



⑦ 不採用のときも次につながる

通常の選考では不採用になった場合、その理由はわからずに終わります。

しかし、就活エージェントの中には、不採用になった理由を教えてくれることもあります。直接教えてくれなくても、長年の経験やデータから分析して次への対策を立ててくれます。

そのため、不採用でもそれを活かして次につなげることができます。

就活エージェントを利用するデメリット

困ったときやわからないときにはかなり有効な就活エージェントですが、デメリットも存在します。どんなデメリットがあるか知った上で考えてみる必要があります。

① 中小企業の求人が多いことがある

大手の有名企業は、何もしなくても勝手に就活生が集まるのでわざわざ就活エージェントを雇う必要はありません。求人は求人広告のみで済んでしまうことがあります。

求人広告などでは集まらない中小企業が、就活生を集めるために就活エージェントに求人を出しているケースが多いです。

そのため、就活エージェントに紹介してもらえる企業は大手企業や有名企業より、中小企業の割合が多くなる可能性があります。

② 連絡が多くなる

通常は会社と直接やり取りしますが、就活エージェントを挟むと、アドバイザーとのやり取りが基本になります。

そのためエージェントを通して何度も折り返して連絡をするようになります。大事なことであればなおさら、お互いに確認をしながら進める必要があるため、連絡頻度が増します。

また、日程調整の連絡の電話だけでなく、会社説明会に参加を促す電話も頻繁にかけてきます。

会社と就活生、両方の得につながるためオススメしてくるのでしょうが、時には多いなと感じることもあるでしょう。

③ 断りづらくなる

相談にのってもらい、そのうえで紹介してくれた企業であれば、受けるのはちょっとどうかなと思っても断りづらいことがあります。

また、就活エージェントから紹介された会社から内定をもらっても、自分でとった内定のほうが条件がよかったという場合もあります。

そうなると、企業の紹介、日程調整、アドバイスなど一つ一つ丁寧に対応してくれた就活エージェントに対して罪悪感を抱いてしまい、断ることができない可能性があります。

そのため、「仕事は仕事」などと割り切れる人はよいですが、このような状況で悪いなと思ったり断るのが苦手な人は、ストレスを感じてしまうかもしれません。

④ 希望に合わないときがある

相談した際にうまく意思疎通できなかった際などには、希望しない業界や会社の採用試験を進められるケースもあります。

時間の余裕があれば、受けてみてもいいかもしれません。中には、そこで自分では気づかなかった最適な企業に巡り合えることもあります。しかし、乗り気でないのに断れなければ時間の無駄となる可能性が高いです。

また、そのような希望しない業界などで就職してしまい不本意な結果となる可能性も考えられます。

効果を考えて選びましょう

就活エージェントを利用するメリットは

  1. 自分に合った求人を探してもらえる
  2. 自分では見つけられない企業が見つかる
  3. 相談が何度もできる
  4. 履歴書の添削をしてくれる
  5. 面接対策をしてくれる
  6. エントリーや日程調整といった手間が省ける
  7. 不採用のときも次につながる

 

デメリットは

  1. 中小企業の求人が多いことがある
  2. 連絡が多くなる
  3. 断りづらくなる
  4. 希望に合わないときがある

 

と、それぞれあります。

そのため、就活エージェントの活用は、相手を気にする人や割り切りにくい人にはやり取りはちょっと大変かもしれませんが、就活に悩んでいる人や、困っている人、相談・対策をしながらすすめたい人、時間があまりない人には有効な手段であると考えられます。



コメントを残す