就職活動と面接のコツ

 

就職活動を始めるにあたり面接のマニュアルを、まず買ったと言う話はよく聞きます。

 

面接をクリアしなければ、就職活動を成功させることはまずできないからです。

 

実際に面接を成功させるために、大切なことは何なのでしょうか。

 

まず、ファーストインプレッションは、面接では思う以上に大事です。

 

清潔感を重視した服装や髪型が、相手にいい印象を与えます。

 

次に、面接の場で返答に詰まることがないように事前に準備をしておくことが大事になります。

 

社会人になれば、取引先や顧客の前で緊張する場面に遭遇することもあります。

 

そのため、故意に答えにくい質問をしてきて、緊張を誘うという面接もあるといいます。

 


落とそうとしているのではなく、採用するための判断材料として意図があっての質問であるため、答えることができれば一番です。

 

答えにくい質問も想定して事前に準備しておくことが必要です。

 

そうすれば、動揺せず、毅然とした態度で聞かれたことに回答でき、相手が抱く印象もいいものになるでしょう。 

 

しかし、想定を超えた質問で、何を答えたらよいかわからないということになってしまったら・・・

 

その状況にまず自分自身が向き合い、深呼吸などをして心を落ち着かせて、正直にわからないことを伝えることも大切です。

 

下手に取り繕って答えるより、正直に話し、真摯な姿を見せるほうが好印象です。

 

就職後、こういった場面に遭遇した際、取引先や顧客の前でどういった対応をするのか見られています。

 

一つ一つの言葉よりも、相手や物事に対してどのように考え、どう対応するのかといった取り組む姿勢が見られています。

 

就職活動で面接を成功させるためには、外見や質問の返答の準備はもちろんのこと、ものの考え方や感じ方、取り組む姿勢や意欲も見られているということも頭に入れ、適切な返答・対応を判断することが大切です。 

 



外出せず3時間で履歴書に書ける資格がとれる!伝え方コミュニケーション検定

コメントを残す