仕事や家事のことで思い詰めるのは子育てには逆効果

 

仕事と子育てのどちらもできるようになるには、精神的な余裕が必要になります。 

 

仕事と子育ての両立ってなかなか難しいもので、問題なく上手に両立している人なんているのでしょうか。 

 

自分が思い描いていたとおりの子育てや仕事ができていないとそのミスマッチを辛く感じるものです。 

 

子供を保育園に預けても、熱を出したり風邪を引いたりして、急な早退は何度もあるものです。 

 

子育てをしながら、仕事をするとなると仕事のほうに十分な時間を割くことができなくなる場合もあります。 

 

一つ一つの出来事に独力で対応しようとしているとストレスに押し潰されて、どちらもできなくなることがあります。 

 

自分だけでは対処のしようがないこともありますので、悩み過ぎるのではなく、しょうがないと割り切ることも必要です。 

 

それは、勝ち負けではありません。 

 

時には、悩まない強さも必要だということです。  

 

仕事と子育ての両立に悩むことは、ある意味自然なことで、ごく普通のことです。

 

自分の力では対応できないことがあっても、人の力を借りたり、解決方法を覚えることで、できることは増やしていけます。 

 

経験することで、少しずつ家事や子育てを要領よくできるようになり、何より子供も必ず大きくなっていきます。 

 

当時は深刻なことでも、何年もしてから振り返ってみたら、思い出深い出来事になっているものです。 

 

トラブルに直面している時は絶望的な気分になることもありますが、子育てにしろ、仕事にしろ、落ち込みすぎないようにすることが大事です。 

 



コメントを残す